武士の食卓

世界を魅了し続ける 究極の食文化

logo

「武士の食卓」とは、

饗応料理研究家である緋宮栞那が、日本古来の食養学、本草学、薬食学を研究し、「世界に誇れる日本の健康食」をまとめました。その料理の総称を「武士の食卓」といいます。

「時代考証再現食」として料理を作り、日本の歴史と文化を料理に託して伝承することを目的としています。

各藩の大名の子孫や大名のお抱え料亭、お抱え料理人の末裔の方々にご教示・ご指導をいただきながら学びました。また、全国各地の伝統食を口伝や古文書などを基に研究し、形にしたものです。

武士の食卓は、「江戸時代に完成された日本の食文化」で、作法やしきたり、精神性、成り立ちがとても重要。

武士は「質素・倹約」が通常で、自分を厳しく律していました。しかし、祝いの場では最高の贅と心を尽くし、健康を願い、自然を敬い、相手を尊び、子孫繁栄の願いを込めて「おもてなし=饗応」をします。

だからこそ、長寿の食べ合わせや、心身の健康、永遠の美しさや若さ、そして、心身の強さを保つことができる食事が求められました。そんなエネルギーの高い栄養学が盛り込まれた“究極の食文化”が、「武士の食卓」なのです。

私たちの一番の願いは、「日本文化伝承」。
そして、日本を海外に伝える国際人の育成です。

和食伝承士とは「日本文化伝承」と同意語です。

本講座を通じて多くの方に「武士の食卓」を継承していただき、先人たちが培ってきた世界に誇れる健康食を子々孫々と伝承していけることを願っております。

武士の食卓・饗応料理研究家・緋宮栞那(ひみやかんな)

日本を知る近道は、ここにある。
The quickest path tp understanding Japan is here.

甲冑の写真

講師

緋宮 栞那autograph

portrait

  • 一般財団法人ムスヒ財団 代表理事
  • 一般財団法人日本和食協会 理事
  • きれい塾JAPAN CULTURE株式会社 代表取締役社長
  • 饗応料理研究家・日本食文化研究家・管理栄養士
  • 小田原短期大学・学習院女子大学・戸板女子短期大学にて講演・講師活動。

講演活動にて、食育・日本の文化・武家の饗応料理など、
料理講座・講演活動をしながら伝承、その他、新聞・雑誌等に
日本食文化情報を多数投稿。(食と歴史の関係について)

* The Samurai Gourmet“武士の食卓”on Facebook 世界に発信!
現在 103万人イイネ! 突破

著書 日本国内・NYなど多数出版

  • 武士の食卓(幻冬舎)
  • 大奥の食卓(講談社)α新書
  • The SAMURAI Gourmet アメリカ・ニューヨーク・ワンピース社
  • すぐにできる美人食「マクロビオティック・ダイエット」(PHP研究所)
  • 東大生認定「あたまがよくなるレシピ」(生活情報センター)
  • 「週末カンタンきれい食ダイエット」(小学館)
  • ふたり分のあっさりご飯(グラフ社)

他多数

books
books
books

世界103万人のファンが認める Japanese Brand

「和食伝承士」・「公認プロ」育成講座とは

pic_7

当講座は2020年のオリンピック開催に向けて、全国・世界中で活躍する次世代のリーダー、プロの育成を目指しています。

武士が饗した最高の饗応(おもてなし)料理のレシピ、その価値に裏付けされる歴史的背景、そして、魅力的な指導者になっていくために必要なノウハウを学びます。

国際的な知識を短期間で実践を交えながら集中的に身につけて頂きます。

世界各地で活躍できる価値ある知識を学び、様々な活動に活かして頂けることを望んでいます。

資格取得後の活動例

  •  武士の食卓の「講演」活動
  •  武士の食卓の「イベント」開催
  •  武士の食卓の「料理教室」「飲食店展開」
  • ※「和食伝承士」「公認プロ」など取得資格により活動頂ける
    範囲が異なります。内容はお問い合わせください。
  •  武士の食卓 和食伝承士の「教授」としての活動
  •  武士の食卓オリジナルBrandの販売権
  •  武士の食卓・本部プロジェクトとの共同事業参加
  • よき母、よき父になる為の学びとするのもいいでしょう。

武士の食卓公認

和食伝承士・プロ育成プログラム

pic_8
「和食伝承士基礎講座」修了コース
「和食伝承士」認定
「公認プロ講師」認定

「武士の食卓」プレ講座体験
おもてなし・英会話など、国際色豊かな講座です。

各講座により詳細をご確認ください。英語・フランス語・イタリア語の講義もあります。
まずは、和食伝承士体験学習をお勧めします。

「武士の食卓」プレ講座体験風景

江戸コース

大奥総取締役が伝授してきた日本文化と和食の基本

内容/講義2日間 調理実習1回

時間/10:00~17:00

受講料/158,000円(税抜)

※支払い方法は応相談。お気軽にご相談ください。

1日目・講義
江戸時代~武家の五大節供について

【午前 講義】10:00~12:00
 ~武士の食卓・基礎知識~
 なぜ日本食は世界で一番人気があるのか
 人日の節供/上巳の節供

【午後 講義】13:30~17:00
 端午の節供/七夕の節供/重陽の節供
 各地方の節供の歴史的流れと影響・役割
 質疑応答と本日のまとめ

2日目・講義
大奥の食卓~徳川家の食育から学ぶ
現代を生きる為の知恵

【午前 調理実習(1回)】10:00~12:00
 調理実習(一汁三菜)
 ~大奥の食卓・大奥で愛された料理とは~
 時代考証再現食

【午後 講義】13:00~15:00
 大奥の役割と徳川家の食育~成功の秘訣はここにあり!!
 江戸前期~寛永文化 そして 老女・春日局
 江戸中期~元禄文化 そして 老女・江島
 江戸後期~化政文化 そして 正室 天璋院・篤姫
 大奥の女性達の役割・生活習慣・そしてマツリゴトの関係
 江戸時代の歴史観・文化・食養のまとめ
 「饗応とおもてなしの和心」

歴史コース

これを知らねば日本を語れない

内容/講義2日間 調理実習1回

時間/10:00~17:00

受講料/158,000円(税抜)

※支払い方法は応相談。お気軽にご相談ください。

1日目・講義 時代
歴史観・宗教観・時勢・環境に基づく和食の流れと成り立ち

【午前 講義】10:00~12:00
 武士の食卓・基礎知識
~なぜ日本食は世界で一番人気があるのか~
 人日の節供/上巳の節供
1. 奈良/天平文化~
2. 平安/平安文化(弘仁・貞観文化、国風文化、院政期文化)
3. 鎌倉/鎌倉文化~
4. 室町/室町文化(北山文化、東山文化)

【午後 講義】13:30~17:00
5. 安土桃山/桃山文化
6. 江戸/江戸文化
寛永文化・元禄文化・化政文化
江戸~大奥とのかかわりと文化発展
江戸時代の歴史と文化・食文化
7. 江戸・幕末/幕末の世と食の関係
徳川と英雄たちの藩の郷土料理
8. 幕末と明治維新 英雄たちの姿と食の姿
 英雄たちの生き様、そして武士道と愛国心
 質疑応答と講座のまとめ

2日目・講義
日本人の和心を学ぶ

【午前 調理実習(1回)】10:00~12:00
 調理実習(一汁三菜)
 江戸のおもてなし料理~時代考証再現食

【午後 講義】13:00~17:00
1. 日本人の和心・道の心と徳養感について
「いただきます・ごちそうさま」
2. 茶道の和心
~千利休と饗応 作法としきたり 振る舞いについて~
3. 茶道と饗応の関係・歴史と発展
~将軍・大名たちの茶道の心とは
 質疑応答と講座のまとめ

饗応コース

世界をうならせる最高のおもてなしはここにある

内容/講義2日間 調理実習1回

時間/10:00~17:00

受講料/158,000円(税抜)

※支払い方法は応相談。お気軽にご相談ください。

~武士の和心と郷土料理 藩主が育てた郷土の味~
1日目・講義
大名が守った藩のしきたりと郷土料理

武士の食卓の最高峰
正月料理と婚礼料理 饗応について詳しく学ぶ

【午前 講義】10:00~12:00
 武士の食卓・基礎知識
~なぜ日本食は世界で一番人気があるのか~
1. 主な藩の正月料理について
~しきたりと作法・振る舞い・郷土料理
2. 主な藩の婚礼料理について
~しきたりと作法・振る舞い・郷土料理

【午後 講義】13:30~17:00
3. 饗応の発展と歴史
(食材・調理法・盛り付け方・しきたり・作法・振る舞い)
4. 日本文化の基本となる・将軍と大名の饗応について
情性面・品性面・徳性面・感性面
理性面・文化面・健康面・精神面
社会面・仕事面・経済面・家庭面

2日目・講義
大奥の食卓~徳川家の食育から学ぶ
現代を生きる為の知恵

【午前 調理実習(1回)】10:00~12:00
 調理実習(一汁三菜)
加賀・前田家の饗応・おもてなし料理と徳川家の食卓
時代考証再現食

【午後 講義】13:00~15:00
1. 神社仏閣との関わり 神事のしきたりを学ぶ
仏事のしきたりを学ぶ
2. MATSURI文化の料理について
~千利休と饗応 作法としきたり 振る舞いについて~
3. 祀・祭・政のまつりごとについて
~祀祭政の3つの関係・日本における神事の姿・発展について
 質疑応答と講座のまとめ

プロ育成コース

日本を代表するステージがここにある

内容/集中講義・調理実習10日間

時間/10:00~17:00

受講料/一式 600,000円(税抜)

受講料/ビジネス講座のみ 150,000円(税抜)

※支払い方法は応相談。お気軽にご相談ください。

世界103万人のファンが認める
Japanese Brand 武士の食卓
Samurai Gourmet初となるプロ育成コース

【プロ育成集中講座】

<武士の食卓ビジネス基礎講座>
 FC理解・国際ビジネス展開基礎知識
 ビジネス基礎スキル講座
 プロ講師基礎スキル講座(心構え・品格)
※プロ育成コースの受講生は専用の指導要網を使用し、独立時必要な実技を学んでいただきます
武士の食卓・食養料理教室 実習(訓練)

<和文化教養講座>
 和文化全般 基礎知識…茶道・美術・器・民俗学・服飾和文化 等
武士の食卓・食養料理教室 実習

<和食教養講座>
 「本朝食鑑」に基づく 武士の食卓の食養料理 実習
(武士の食卓・和漢料理の作り方と食養知識全般)
 一般教養(武士の食卓流儀講座)
ふるまいと心構え マナー・神道・仏道・儒教の宗教観を学ぶ
食材…調味料・だし・発酵食品・酒・魚・獣肉・野菜(産地)等の選び方と組み合わせ。
日本の発酵食品の知識と意識
 「陰陽理論」と「六味五法五色理論」の開設。
 四季の和食文化と和食教養
郷土料理・祭り料理・節供料理・精進料理
婚礼料理・葬儀料理などの行事料理
 「本草学」に基づく日本の健康料理について
(食べることは薬・植物の薬効・歴史観・世界観を学ぶ)
 武士の食卓とは。饗応料理とは。の伝承のための基本講座
 江戸時代の「食養講座」江戸時代に確立された食の学問を探る
 大名講座~全国・大名の食事

※内容が一部変更になる場合がございます。予めご了承下さい。

武士の食卓・和食伝承士・プロコース受講の皆様へ

「教育」というものは、すぐに目に見えて結果がでるものではない。
すぐに数字に表して、効果を確認できるものではない。
長い時間をかけて咀嚼して、その人の「血や肉」になるものである。

縄文時代の太古の昔から、人間は常に「教育」を一番の重点において生きてきました。
秩序という教育があってこそ、仕事が成り立ち、文化が生まれ、様々な人間の生き様に出会うことが出来るのです。
稲作が入ってきたころは、村社会を作り年長者の村長が統制を取ってきました。その後、祀りにかかわる卑弥呼のような存在が現れたり、聖徳太子の時代も、まさに「教育」が中心で、十七条の憲法が作られています。
公家の時代も、武士の時代も、精神、宗教、道の道、家庭、心の在り方すべてが「教育」なのです。
その、長い年月をかけて作り上げた日本人の心の在り方を、世界に向けてわかりやすく表し形にしたのが、新渡戸稲造の「武士道」です。

日本の食文化に関しても、先人たちが培ってきた「教育基本」の元、形作られてきました。
饗応や節供、婚礼や葬式、神事そのものも 食文化が関わっています。
日本人は、「ハレの日」と「ケの日」を区別して、自然への畏敬の念を大切にしてきました。
生活そのものが、「神事」だったわけです。

そこで、皆様にお伝えしたいのが、この和食伝承士の役目です。
和食伝承士とは、「日本文化伝承人」 と 位置づけてあります。
ですから、講座の中では、
情性面・品性面・徳性面・感性面・理性面・文化面・健康面・精神面・社会面・仕事面・経済面・家庭面を 中心に 講座が構築されています。

それには、
日本の国の根幹を知ること、物事の成り立ちを理解すること、歴史を知り学ぶこと、偉人・英雄たちから人生観を学ぶこと、日本人の英知の結集である文化芸術を確認すること、感性を磨くこと。そして、日本人の心を表す「武士道」に至るまで 「国づくり・人づくり」の根幹を幅広く学び、触れることが必要となってきます。
そのことが土台となって、私たち日本人の食文化、「日本の食養」が成り立っています。

何一つ「無駄な学び」はありません。
それらは、見えない霊線で すべてが繋がっているのです。
その、霊線の上に、「日本の和食文化」が構築され、成り立っています。

世界観から見ても、「和食は最高峰の精神を盛り込んだ料理」です。
器の中には「歴史・精神・和心」が盛り込まれています。
この宇宙観を習得するには、どれほどの時間がかかるものなのか、私にはわかりません。
なぜならば、私も まだまだ学びの途中だからです。

緋宮栞那が理論体系化した「武士の食卓・和の食理論」は、
食文化を中心にまとめたものです。まだ、完成されたわけではありません。
すべてを作り上げるためにも、同じ志を持ち、和心を分かち合える仲間たちと完成させたいというのが、私の願いです。今後の日本に、子々孫々と伝承される「武士の食卓・和の食理論」は、日本の「伝統と創造」を表現した世界に誇れる食理論として発表していきます。

それにあたり、和食伝承士やプロコースを受講される皆さまには、
歴史や偉人、英雄たちの日本に与えた影響や、それにまつわる日本の食文化の流れ、海外からの影響などを感じ、学んでいただければと思っています。
講座の中での宿題や発表等も、皆さんと共有し、同じ視点に合わせるために分かち合う時間だと私は思っています。ですからこの講座に内容は、食に関係ないということはないのです。すべてが霊線で繋がっているのですから、、、、。

例えば、明治維新で活躍した英雄的な女性達も、欧米に渡り、学び、欧米の食文化を日本に紹介し、外国人の接待、外交に多大な貢献をしています。
そこから、日本の食文化は近代国家づくりと共に、昔とは違う形で欧米化に変化してきています。

日本文化伝承にあたり、一番わかりやすいのは、「大奥の優秀な女性達」。
大奥の卒業生たちが、全国に広がって、婚家や寺子屋などで教育し、作法や心の在り方、節供、しきたりなどを伝承しています。「教育者」として彼女たちは活躍しています。
母として、女の役目として、文化伝承に多大な功績を残しています。
江戸時代初期の、春日局も「七色ごはん」として徳川家の食育を作り上げました。
女たちの役目は子育てを中心に、この国の根幹の「教育」ということで 力を尽くしているのです。

そのような「日本の国」に生まれたことは、最高の誉ではないでしょうか。
そのことを、心して、今後も、
「融和の精神・規律の精神・素直な心」を心の中心に持ち、
和食伝承士たちが、日本、そして世界に羽ばたいて活躍してくれることを、心の底から願っております。
この「惟神の国」(かんながらのくに)日本を、子々孫々と守り抜くことが、今の時代に生きる私たちの役目と思います。そのことを、皆のスローガンとして 分かち合っていきたい、苦楽を共に生きていきたいと思っております。

心より、感謝申し上げます。「ありがとうございました。」

和食伝承士 代表 緋宮栞那 拝

饗応料理の会

各藩主のご子孫をお招きして演題をやっていただいたり、それにまつわる時代考証再現食を食したりする会でございます。

開催予定

現在、開催予定はございません。

過去の開催実績

2014年4月25日(金)
殿様の会
織田信長のビッフェスタイル 饗応の会 ~織田家ご子孫をお迎えして~
2014年6月16日(月)
殿様の会
黒田官兵衛の時代考証再現食 ~黒田官兵衛ご子孫 黒田清隆氏をお迎えして~
2014年8月20日(水)
殿様の会
伊達政宗にまつわる時代考証再現食 ~伊達政宗子孫・伊達家ご当主をお迎えして~
2014年11月17日(月)
殿様の会
武田信玄の戦勝祝い食 「戦勝・祈願料理 祝い膳」 ~武田信玄ご子孫 武田家ご当主をお迎えして~
2015年1月19日(月)
幕末英雄の会
木戸孝充・桂小五郎にまつわる時代考証再現食 ~木戸孝充ご子孫をお迎えして~
2015年2月16日(月)
幕末英雄の会
第2回 木戸孝充・桂小五郎にまつわる時代考証再現食 ~木戸孝充ご子孫をお迎えして~
2015年4月27日(月)
幕末英雄の会
勝海舟・江戸幕末時代考証再現食 ~勝海舟玄孫の髙山みな子氏をお招きして~
2015年5月19日(火)
幕末英雄の会
黒田清隆の幕末 時代考証再現食 ~ご子孫 黒田清久氏をお迎えして~
2015年6月15日(月)
殿様の会
薩摩・島津家 士風の会 ~島津家ご投手 島津義秀氏をお迎えして~
2015年7月24日(金)
幕末英雄の会
西郷隆盛の会 時代考証再現食 ~西郷隆盛ご子孫をお迎えして~子孫しか知らない本当の姿~
2015年8月24日(月)
殿様の会
川中島の戦い 時代考証再現食 ~武田信玄・上杉謙信 ご子孫をお迎えして~
2015年9月26日(土)
幕末英雄の会
榎本武揚と勝海舟 ~榎本武揚ご子孫・勝海舟ご子孫をお迎えして~
2015年10月20日(月)
幕末英雄の会
坂本龍馬と勝海舟の会 ~坂本家ご子孫 勝海舟ご子孫をお迎えして~
2015年11月25日(水)
殿様の会
上杉謙信公の篠笛 ~上杉謙信公のご子孫をお迎えして 謙信公愛用の「ひとよぎれ」~
2016年1月7日(月)
饗応料理の会
和食の神様・四篠司家 包丁道 ~包丁道・四篠隆彦先生をお迎えして~
2016年2月9日 火曜日
幕末英雄の会
大久保利通の会 ~ご子孫である大久保利泰さまをお迎えして~
2016年3月2日 水曜日
英雄の会
「真田幸村の饗応の会」ご案内 ~真田信之公のご子孫であられます、真田幸光先生をお迎えして~
2016年4月5日 火曜日
英雄の会
上杉鷹山の饗応の会 ~上杉鷹山のご子孫をお迎えして~
2016年5月26日 木曜日
饗応料理の会
武士の食卓「蘭学と食養の会」 ~武田浩医師(内科認定医 糖尿病学会学術評議員)をお招きして~
2016年5月26日 木曜日
饗応料理の会
武士の食卓「蘭学と食養の会」 ~武田浩医師(内科認定医 糖尿病学会学術評議員)をお招きして~
2016年5月26日 木曜日
饗応料理の会
武士の食卓「蘭学と食養の会」 ~武田浩医師(内科認定医 糖尿病学会学術評議員)をお招きして~
2016年6月21日 火曜日
殿様の会
武士の食卓 蘭学と食養の会 ~徳川様をお迎えして~
2016年8月30日 火曜日
饗応料理の会
蘭学と食養の会 ~医師の村田先生をお招きして~
2016年8月30日 火曜日
饗応料理の会
武士の食卓「蘭学と食養の会」 ~村田朗医師をお招きして~
2016年8月30日 火曜日
饗応料理の会
武士の食卓「蘭学と食養の会」 ~第2回蘭学と食養の会~
2016年9月29日 木曜日
饗応料理の会
武士の食卓「蘭学と食養の会」 ~第3回蘭学と食養の会~
2016年10月26日 水曜日
饗応料理の会
武士の食卓 蘭学と食養の会 ~関口忠相様をお迎えして~
2016年10月26日 水曜日
饗応料理の会
武士の食卓 蘭学と食養の会 ~関口忠相様をお迎えして~
2016年12月12日 月曜日
饗応料理の会
朝鮮通信使の献上品・高麗人参を食べる会 ~上杉孝久氏をお迎えして~
2016年12月12日 月曜日
殿様の会
朝鮮通信使の献上品・高麗人参を食べる会 ~上杉孝久氏をお迎えして~
2016年12月18日 日曜日
饗応料理の会
ムスヒ財団主催パーティー ~井下田久幸氏をお迎えして~
2017年1月10日 火曜日
英雄の会
新年祝いの会 ~九重親方をお招きして~

公式動画

武士の食卓の公式動画です。雰囲気を感じていただくためにも是非ご鑑賞ください。

お問い合わせ

※講座お申し込みの場合、「住所」「ご希望のコース名」の記載もお願い致します。